容器開発のご案内

特許商品

三次元容器(3D)

三次元容器(3D)
容器内に残るわずかな内容物さえ、全く空気に触れることなく必要量を取り出すことが出来るようにしたキャップのいらない次世代型流体容器。

●PATENT.P
JAPAN 2000-30030 TAIWAN 89103830 PCT/JP00/02135
U.S.A CANADA CHINA KOREA FRANCE GERMANY
UK. ITALY SWEDEN NEWZEALAND

スタンディングバック(自立型袋型容器)

スタンディングバック(自立型袋型容器)
内容量に関わらず、形が崩れたり倒れたりせず、内容物(液体)を出すときは容器を傾けるだけで飛び散ることもなくスムーズに給水できる容器。

●PATENT.P
JAPAN H10-338239 H10-338248 H11-1234
PCT/JP98/05803 TAIWAN 89103716

エアーパッケージ

エアーパッケージ
輸送する物品を所定の位置に確実に保持し、なおかつ輸送する物品に衝撃や大きな振動を与えないばかりでなく、輸送する物品の形状の如何を問わずに使用することが出来る膨張型緩衝包装体。

●PATENT U.S.A.6,354,459 CHINA 74,220
●PATENT.P
JAPAN H10-338247 01-332331 KOREA 7011464 TAIWAN 89103717
EP 1026096(FRANCE GERMANY SWEDEN UK ITALY)

容器開発に関するお問合せ、化粧品づくり、その他制作に関するご依頼・お問い合わせは下記よりご連絡ください。営業担当部門より折り返しご連絡させていただきます。お電話でのお問い合わせ:03-3567-8666 受付時間 9:00~18:00(土日祝日除く)

お問い合わせフォーム